【はちみつ文庫】 吸血鬼は輸血中 1
FC2ブログ

はちみつ文庫

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 吸血鬼は輸血中  □

吸血鬼は輸血中 1

 美しい女だった。

 少しウェーブのかかった短めの金髪に、透けるような白い肌、そして南国の海の様なブルーアイ。
 ツンととがった鼻先を持った、冷たい美貌の持ち主だった。
 その女は白いロングコートを羽織り、この暗闇の中、山間の広い道路の脇に座り込んでいる。

「ああ……お腹がすいた。早く誰か通らないかしら……」

 女がそう呟いた時、遠くから車の走る小さな音が聞こえた。

「来たっ!」

 女は置いてあった大きなリュックを持って立ち上がると、ロングコートボタンを外し、その長い脚の片方を突き出した。
 10cm近くある赤いハイヒールに、ガーターベルトに止められた黒いストッキングがその隙間から覗く。
 そして親指を立て、車が来るのを待った。

「ああ……どうか、男でありますように」

 彼女……いや、実は彼……にとって、これは釣りなのだ。
 そうでなければこんな深夜、人里離れたこんな場所で餌をまいたりはしない。
 彼の統計によると、深夜にこの恰好で立っていると、男であれば90パーセントの確率で引っかかるのだ。
 逆に女だとほとんどが素通りである。
 
 しかも引っかかる男は、大抵は1人で車を運転していた。
 こんな良い上条件が揃った釣り場は、市街地にはない。
 それ故彼は小雪が舞い散る寒空の下、こんな恰好でここに立っているのである。

 まっすぐ走って来た車が、彼に気付いたようだった。
 スピードを下げ、車が止まると、若い男が恥ずかしげに声をかけてきた。

「どこまでいくんですか?」

『やった! 上物だわ!』

 彼の心が躍った。
 若い男はふっくらぽちゃぽちゃで、いかにも人が良さそうだ。
 赤毛で、ソバカスがいっぱいなこの手のタイプは、得てして味が良いのを彼は知っていた。

「道に迷っちゃったの……車に乗せてくれる?」

 彼の申し出に、車の主は顔を赤らめて言った。

「いいですけど……あの……その……コートのボタンを留めてくれますか?」
「あら? どうして? ……んふふふ。純情なのね、わかったわ」

 そうして彼はコートのボタンを止めると、車のドアを開けて中に入り込んだ。

「ど……どこに行くんですか?」
「イキたいところに、連れてイってくれるの?……親切なのね」

 思惑ありげに目を細めると、彼はでたらめな道を言って、車を山中に引き込んだ。
 気がつけば崖っぷち近くで車は身動きが出来なくなった。

「暗くって道に迷っちゃったわ。ごめんなさい」
「あ……えっと……あの、どうしましょう?」
「今夜はここで寝ましょう。日が昇らないと道がわからないわ」
「あ……はい」
「ねえ、君。名前はなんて言うの? アタシはアレックスよ」

 そう言うとアレックスは、車のシートを倒した。
 こうすると大抵の男は襲ってくるのだが、この車の主は違っていた。

「ぼ……僕は、ジョージです」
「そう……ねえ、ジョージも寝たら?」
「あ……はい」

 ジョージはシートを倒したが、手を胸元に組んで、棒のように横になっただけだった。
 まどろっこしくなったアレックスは、彼に誘いをかけた。
 手を伸ばし胸のボタンを外しかけたら、意外にもジョージはその手を弾いてきた。

「や……やめてください! 僕には婚約者がいます!」

 今時珍し過ぎる事を言うこの手のタイプは、特殊な宗教に入っていて、童貞の確率が高いのだ。

「もしかして……結婚前は禁じられてるの?」
「……結婚後も、妻だけです!」

『ビンゴ―!』

 アレックスは心の中で、ガッツポーズをした。
 童貞の味は格別だ。

「じゃあ……暗くて怖いから、手だけ握って」

 そう言って、強引に手を握る。
 ジョージは一瞬手を跳ね除けようとしたが「あれ?……なんだか気分が……」と言うと、深い眠りに落ちていった。
 アレックスが指先からその血を抜き取った為、貧血で気を失ったのだ。

 そう、彼は吸血鬼。
 その指先からでも、普段は隠れている牙からでも血が吸える、人ではない者なのだ。

「ふふふ。面倒なことをしなくって、血だけ貰うのはなんだか悪いみたい。それにしても童貞なんて、久しぶりだわ。これは直接頂きたいわよね……」

 上物の血を、指先で吸い取ってはもったいない。
 その甘く香り高い血を心行くまで味わうには、やはり直接吸うに限る。
 しかし『いかにも吸血鬼にやられましたー!』な痕は付けたくないので、アレックスはジョージのズボンをパンツごとずらした。
 
「うふ。大動脈はここにも出てるのよ~。さーて、いただきまーす♡」

 アレックスは、ジョージの股間に顔をうずめた。
 正確には内腿の大動脈から、その血を啜ったのだ。

「うんっまーい! もうちょっとだけ、ちょうだいねー」

 再び齧り付く。

「いやーん。堪んない。もうちょっと!」

 ごくん、ごっくん、ごっくん……。

「あら……? やだっ! やっちゃった?」

 アレックスが気付くと、そこには血を吸い尽くされ、青白くなったジョージが横たわっていた。

「……飲みすぎちゃったわ。どーしよう……」

 どうしようも、こうしようもない。
 ジョージの心臓は既に止まってしまったのだから。

 吸血鬼界に置いて、人間の血を吸いつくすのはタブーだった。
 その存在を知られながらも細々と生きて来られたのは、この暗黙の了解に従っていたからだ。
 その為、致死量にいたる血を吸う事は通常はなかった。
 しかし今回はあまりにその血が旨かった上に、久しぶりの食事で餓え切っていたので、吸いつくしてしまったのだ。

「えっとぉ……こういう場合は『チュカパブラ』よね」

 アレックスはそう言うとリュックの中から、こんな時のためのチュカパブラ棒を出した。
 その柄を伸ばすと、地に足がつかないよう身体を浮かしながら外に出て、チュカパブラの足跡を付け始めた。

『チュカパブラ」とは日本における『ツチノコ』のような、南米の伝説的生物である。(このお話の舞台はUSAだが、細かいことは気にしないように。)
 家畜の血を吸いつくすと言うその正体は、実は『血を吸い過ぎた吸血鬼による、事後処理』なのであった。

 アレックスはチュカパブラの足跡をつけ終わると、座席のシートを元に戻し、自分がいた痕跡を消した。
 それから大きな石を布に包んで、ジョージ側の窓ガラスを割った。

「こんなものでいいかしら?」

 一仕事終えたアレックスは、リュックを抱えると、足跡をつけないようにその場を去って行った。


 その葬式の最中、あちらこちらでひそひそと、噂話がされていた。

『車の中で自慰しようとズボンを脱いだところに、チュカパブラがガラスを割って車内に飛び込んできて、股から血を吸ったそうよ』
『まあ、不潔!』

 なんとも不名誉な言われように、アレックスは心の中で『ジョージ、ごめんね』と言った。
 この事件は地元どころか全米のニュースになり、家の外にはマスコミが押しかけていた。アレックスは学生時代の親友と偽り、黒の男物のスーツを着てこの葬式に忍び込んでいたのだ。
 あんな形で図らずもジョージを殺してしまったので、そのお詫びに、家族にお悔やみの一言を言いたかった。

 祭壇に近づくと、その近くで涙ぐむ黒髪の絶世の美女がいた。

『彼女も可哀そうにね。あんな婚約者を持って』と後ろで囁き合っている。

 アレックスが戸惑いながらも、彼女に声をかけようとした瞬間、男が間に割って入って来た。 
 そのまま腕を引っ張られ、部屋の隅に連れて行かれる。

「悪いが、今は妹に話しかけないでくれないか」

 その男と目があった時、アレックスのハートの鐘が鳴った。

 男は長身のアレックスより5cmは高く、広い肩幅と熱い胸板を持った美男だった。
 長い黒髪を後ろで一つにまとめ、目尻の切れあがった濃紺の眼差しが芸術作品のように美しい。
 高い鼻と形の良い唇が知的な印象を与えていた。
 絶世の美女の兄だけに、素晴らしい美貌の持ち主だった。

『いやん、超好み!』アレックスの目は、ギラギラに輝いた。

「君はジョージとはどういう関係なんだ? 初めて見る顔だが?」
「えっと、学生時代の友人です」
「医学部のか? 見たことない顔だな?」

 アレックスの背中に冷や汗が流れた。

「いえ……もっと小さな頃の」
「ネブラスカ州から、わざわざ来たのか?」
「いえ……あの、つい最近こちらで再会して……」
「そうか。……妹は今酷く落ち込んでいる。話があったら後日にしてくれるか?」
「はい。わかりました。……あの、お名前は?」
「名前? 私のか? ……ルシガだ。あいつとは医学部の先輩後輩で、職場でも上司だった」

 そこで年配の女性がルシガを呼びに来て、彼は去っていってしまった。

『ルシガ……お医者さん……いやん、最高だわっ!』

 吸血鬼界で医者と付き合うのは『玉の輿に乗る』と言われている。
 理解のある恋人は、血液の横流しをしてくれることもあるからだ。
 もちろん理解どころか実験材料にしようとする輩もいるだろうが、吸血鬼は感がいいのでハズレを引くことはまずない。
 そしてアレックスはこの時思ったのである。

『でもルシガは、きっと理解してくれる。血もおいしそうだし、優しい上に、ナニもデカくてセックスも最高のはず』

 途中から妄想が入っているが、彼はここで最高の恋人候補を見つけたのである。
 そう吸血鬼アレックスは、女装で男を引っ掛けるだけではなく、根っからの男好きなのだった。

『しかしどう見ても、女好きなのよね~。でも、モノにして見せるわ。んふふふ』

 こうしてアレックスの、玉の輿計画は始まったのであった。




TOP NEXT

参加しています。よろしかったら、ポチお願いします。
     ↓

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



*    *    *

Information

Date:2011/03/13
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://rusigalex.blog.fc2.com/tb.php/33-60fe0998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。