【はちみつ文庫】 薔薇のトウシューズ 1
FC2ブログ

はちみつ文庫

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 薔薇のトウシューズ  □

薔薇のトウシューズ 1

 ここはロンドンのダウンタウンにある、小さなバレエスクール。
 その稽古場に張られたポスターを見て、アレックスは「嘘だろう?」と、愕然とした。
 幻の名作と言われた『薔薇姫とドラゴンの騎士』が三十年ぶりに公演されるというのだ。
 ツアーはそのバレエ団の本拠地であるボストンから始まり、全米を回った後ヨーロッパに来て、最後はカーネギーホールで千秋楽を迎えると言う、豪華なものだった。
 何より彼を驚かせたのは、その主役である薔薇姫の一般公募がある事だった。
 劇団員と一般公募員を競わせて、最終的に主役を決めるらしい。

 アレックスの胸は高鳴った。
 しかし同時に、落胆した。
 プリマドンナをやれるのは女なのだ。
 男であるアレックスに、そのチャンスはなかった。




 稽古を終わり、地下鉄に乗りながらも、彼の頭にはあのポスターのことしかなかった。
 アレックスがバレエを始めたきっかけが、TVで見た古い映像の『薔薇姫とドラゴンの騎士』だった。

 ロマンチックチュチュを着て、軽やかに踊る薔薇姫を見た時「自分もこれを踊りたい!」と思い、早朝の新聞配達で月謝を捻出し、バレエスクールに通い始めたのだ。
 しかしバレエを習い始めてから、男はプリマドンナをやれないことや、『薔薇姫とドラゴンの騎士』の版権を持つローズ・タカトウが、高齢になり踊れなくなったものの、その版権を手離さない為、公演が出来ないことを知ったのだ。
 それでも踊りが好きなので、二十三歳になった今でも踊り続けていた。

 実際彼は、素晴らしい踊り手だった。
 だが数々のコンクールに出ても、そのスタイルから上位に入賞出来ないでいた。
 プリンシバルに必要とされる、力強さがないのだ。
 彼のお手本はあくまでも薔薇姫のローズだったので、その踊りが軽やかで人間のようではない。
 唯一コミックバレエをテーマにした、男性だけのバレエ団から誘いがあったが、いくら高い技術が必要とされても、そこに入る気はせず、彼はこの年でどこのバレエ団にも所属していなかった。

 地下鉄の駅を出てアパートメントに戻ると、アレックスはパソコンを立ち上げ、ローズの『薔薇姫とドラゴンの騎士』を再生した。
 小さな画面に、軽やかに踊る薔薇姫が映る。

「ああ……やりたいなぁ……女だけがプリマドンナになれるんてずるいよ」

 悲しい気持ちで画面を見ていると、同居している妹が帰って来た。

「アレックス、また見てるの?」
「うん。……『薔薇姫とドラゴンの騎士』の公演があるんだ」
「ええっ? ローズが他の人にやらせないって、言ってなかったっけ?」
「それが、一般にも薔薇姫を公募するらしいんだ」
「そうなんだ」
「いいよなぁ……女だったら応募できるのにな」
「すればいいじゃない!」
「えっ?」

 妹はソバカスだらけの顔で、クシャッと笑顔を作ると、言った。

「だって、アレックスはあたしより美人だもん」
「何言ってるんだよ、アン。性転換とか、するかよ!」
「そのままでいいじゃない」
「えっ?」

 アンは大きな姿見を持って来ると、兄を立たせてその鏡を見るように言った。

「ほら、この綺麗なブロンドにブルーアイ。肌もきれいだし、髭だってほとんどないじゃない」
「だって身長が176cmもあるし……胸だってないし」
「あたしだって174cmあるし、胸がないわよ?」

 アンはアレックスの隣に並んで言った。

「この2人を見てどちらが女だ? って、訊かれたら、大抵の人はアレックスって言うわよ」

 アレックスは困った顔をした。
 確かに女に間違えらたことは、一度ならずあった。
 赤毛で茶色の瞳の妹と逆だったら良かったのにと、両親から何度言われたかわからない。
 雑誌モデルのスカウトに「クールビューティ」と言われたこともある、美貌の持ち主なのだ。

「ねえ、やってみれば?」
「やるって?」
「女と偽って、応募するの!」
「……」
「ダメもとでやってみればいいじゃない。一生に一度のチャンスだよ?」

「そんな……」と言いながら、やってみようかと思う、自分がいた。
 アンの言うとおり、一生に一度のチャンスかもしれないのだから……。




 踊りの録画DVDと、応募書類を送り返答を待つ間、アレックスはアンから女としてのレッスンを受けた。
 メイクの仕方や、話し方や、考え方、そして女らしい仕草を、時間があれば練習した。

 女性用レオタードは身体に合わないので、服飾の勉強をしているアンが手作りしてくれた。
 出来るだけ股間を目立たせない生地を使った上に、スカートを付け、肩幅を感じさせないようにフレンチスリーブにした。
 胸元は高さのないハイネックで、胸筋をごまかした。
 これに腰布を巻けば、男の部分はなんとか隠せそうだった。

 そんなある日、ボストンのバレエ団から封書が届いた。
 アレックスはドキドキしながら封を切り、中の書類を見た。

「……どうだった?」

 アンが心配げに訊ねた。

「……やだ……」

 アレックスの目から、涙がポロポロと零れた。
 アンが慰めるように言う。

「次にきっと、何かチャンスがあるわよ」
「違うのっ! 合格よっ!」

 レッスンの成果もあり、立派な女言葉でアレックスは答えた。

「きゃぁあああああああっ!」

 抱き合って喜んだ1週間後、アレックスは妹のアンに送られて、ボストンの地に降り立っていた。




 二次審査当日。

 アレックスは、ローズバレエ団の入り口の前に立っていた。
 背筋のすっと伸びた美女達が、中に入っていく。

「ふぅ……」

 アレックスは小さく息をすると、扉を開けて中に入った。
 エントランスには受付があり、名簿には90名もの名前が羅列されていた。
 1日に3回に分けて審査があるようで、アレックスの名前は午後一番のBブロックにあった。
 受付を済ませると、着替えることになるが、アレックスは更衣室に行かず、トイレに行き着替える。
 狭い個室で着替えを済ませ出ると、男と鉢合わせした。

『しまった!』

 いつもの習慣で、男子トイレを使ってしまったのだ。

「あっ。すみません! 間違えてしまいました!」

 と、男の顔を見ると、銀髪に印象的な紫色の目をした美形に、ムキムキ筋肉に見覚えがあった。

「あっ! 貴方はバイオレット!」

 ローズ劇団のナンバー2ダンサーの出現に、アレックスは驚いた。

「これは美しい姫君。我が名をご存じとは光栄です」

 そう言うとアレックスの手を取り、その甲にキスをした。

「ぎゃあああああっ!」

 驚きのあまり声を上げるアレックスに、ヴァイオレットは

「これは純粋な姫君を驚かせてしまったようだ。無理もない。私の様な美貌の男に、いきなりキスをされて戸惑うのは。では、用事があるので、失礼」

 と言うと、個室へ入って行った。

『何? 何なの? ここはトイレよ?』

 アレックスはヴァイオレットの、あまりのマイペースなナルシストぶりに驚いた。

『ダンサー名鑑に、美形で優雅な踊るをする元貴族。でもバカ。ってい書いていたけど、本当だったんだわ……』

 あまりの衝撃に、アレックス緊張は一気にほどけた。




 集合の30分前に練習場へ行くと、そこには思い思いに練習する人の姿でいっぱいだった。
 アレックスが仲に入ると、一斉に視線が集中した。
 一瞬にして値定めするように、全身を穴があくほど見つめられる。

 所々で、ひそひそと話し声が聞こえた。

「背が高過ぎない?」
「でも美人よ」
「手足は長いわね」
「ちょっと骨太よね」

『うっわー! わざと聞こえるように話してる……女同士の戦いって、怖いわ……』

 アレックスは、居た堪れなくなった。
 その時、1人の女性から声を掛けられた。

「ここのバーが開いてますよ」

 見るとそのバレエ団の団長の妹、ジェイド・タカトウがそこに立っていた。
 黒髪にエメラルドの様な瞳が美しい上に、どうやら心まで美しい美女である。
  
「あ……ありがとう」
「イギリスから来られた、アレックス・バジルさんですよね?」
「どうしてそれを?」
「応募されたDVDを、見させていただきましたから」

 今度の公演で主役をするのは彼女だと思っていたのに、ジェイドは何故か選考から外されていた。

「あの……失礼な質問かもしれませんが……どうして貴女が主役じゃないんですか?」
「団長から、親の七光りで主役をするのはいかんと言われて……私もそうだと思いましたし」
「でも貴女が、90名に入らないなんておかしいわ!」

 アレックスは、その理不尽さを我慢できずに言った。

「ふふふ……」
「? 何が可笑しいの?」
「だって私が出ないことでホッとしてる人もいるって言うのに……貴女、変わってますね」
「だって……」
「私にはまだこの役は早いですから。あと3年経ったら、主役が出来るように頑張るつもりす」
「頑張ってね!」
「ふふふ。本当に変」

 その時「そこ、何をしている? ここはおしゃべりの場じゃないぞ。やる気がないなら出て行け!」と、荒々しい声が聞こえた。
 見ると長身の男が、苛立った表情でこちらを見ていた。

 男は身長が190cm以上あり、長い黒髪を一つにまとめ、濃紺の瞳の切れ長の美しい瞳に、高い鼻、形の良い唇がバランス良く配置された美形だった。
 彼を見た瞬間、アレックスはその心臓を鷲掴みにされた気がした。
 心臓のドキドキが止まらない。

「すみません、団長。私が声をかけたんです」

 ジェイドがそう言うと

「邪魔をするんじゃない!」

 あくまで厳しい返事が返ってきた。

『あの人が、団長……ルシガ・タカトウ……』

 写真嫌いのルシガは、名鑑にすらその写真を載せていない。
 厳しいルシガの横顔を見つめながら、アレックスは自分の頬が熱くなるのを感じた。

『どうしたのかしら。……なんだか変……』

 アレックスがそれを恋と知るまで、たいして時間はかからなかった。



TOP NEXT

参加しています。よろしかったら、ポチお願いします。
     ↓

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村

*    *    *

Information

Date:2011/04/01
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://rusigalex.blog.fc2.com/tb.php/47-83d6f6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。